« ☆‘2007‘年末に寄せて☆ | トップページへ | あけまして おめでとうございます♪ »

05 January 2008,Saturday

2008年 初春メッセージ「あなたにとっての幸福とは」

あなたにとっての「幸福」とは何でしょうか?ドキってする言葉ですよね。
2008年のスタートを飾るこのお正月こそ、少し自分の時間を作って考えて見ませんか?
iwaya%20001.jpg
↑宝蔵寺の岩谷堂(上田市御岳堂)心が落ち着く静寂なたたずまい

ちょっと長いのですが、本田宗一郎さんの著書「得手に帆あげて」の中で「幸福」について書かれていましたので引用します。とても世界の本田さんには及びませんが、僕も持論として「人生楽しまなくちゃ損」って思っています。そういいつつ、最近心から楽しめていない自分を気づかせてくれた素敵なメッセージです。抜粋ですけど、良かったら読んで何か感じていただけると嬉しく思います。

iwaya%20002.jpg
↑岩谷堂には有名な義仲桜(エドヒガンサクラ)があります。樹齢800年はすごい!

「幸福」
出典「得手に帆あげて」本田宗一郎より

「幸福とはどのようなもの?」と聞かれたら、「裕福になること」と答える人もいるだろう。また「社会的な地位に到達する」のを幸福だと考えているかもしれない。逆にそのような裕福とか社会的地位を否定して「心の豊かな人」になることが幸福だと思っている人もいると思う。思想や感情、更には生活様式さえ異なる人間のことだ。幸福についての考え方に差があってもいいのではないか。ただ同じく裕福を主張しても、多くの人の幸福を願って慈善事業に協力する人もいれば、一方には「がめつい奴」の看板を背負って生きているような人もいる。他人に何と言われようとその人はそれで結構幸福なのだ。人間は自分のために生きるのだから、他人に犠牲や迷惑さえかけなければこれでもいいのである。
しかし私はスタートの段階ではそれでもいいが、いつまでもその考えから進歩しないのでは困ると思う。私自身としては、別の生きかたをとる。幸福というものについて、これだと言い切れる考えは私もまだ持っていないが、私は「会社での仕事も楽しく、家庭での生活も楽しい、つまり1日24時間を楽しく過ごすこと」が幸福だと思っている。言葉はすこぶる平凡だが、この内容は非凡だと自負している。それと、自分の幸福な状態が「他人の目にも楽しく、心も楽しませる」ものでありたいとも私は思う。

iwaya%20003.jpg
↑神仏の前で、家族や恋人そして自分の「幸福」を願う 初詣にも良いお寺です・・